シミ くすみ

シミとくすみの原因と対処法は同じ!?

 

しみやくすみが気になる女性のイラスト画像

 

顔色が悪く見え、疲れた印象をあたえてしまうくすみ。

 

シミと同じように、メラニンが原因になるくすみもあります。その他にも様々な原因のくすみが存在しますが、それはシミと類似するものばかり。

 

シミとくすみの原因が同じということは、改善方法も同じということ!

 

くすみの種類と顔がくすんでしまう原因、シミと一緒に改善できる方法まで紹介していきます。

 

くすみとシミの違い

出てくる範囲

くすみは広範囲にわたって顔全体が黒ずみ、肌つやのない状態になります。一方、シミは狭い範囲に局所的にできます。数mmほどの茶色の斑がところどころに生じます。

 

発生する位置

くすみは肌の表面部分に生じるのに対し、シミは表皮もしくは真皮という肌の層の中でも奥の方に生じます。そのため、治療を開始した場合くすみの方が早くの改善が見込めます。

 

種類と原因

メラニンくすみ

紫外線を浴びると、そのダメージから肌を守るためにメラニンが生成されます。メラニンの働きで肌の奥深くまでダメージが浸透することを防ぐのですが、このメラニンがうまく排出されず残ってしまうとくすみとなります。

 

原因は肌のターンオーバーの乱れ、紫外線の浴びすぎやかぶれや炎症を繰り返すことで、メラニンが過剰につくられてしまい定着してしまうことです。

 

乾燥によるくすみ

乾燥すると肌のツヤは失われます。豆腐などもレンジなどで水抜きをすると真っ白ぷるぷるだったのがくすんだ色に変化しますよね。

 

人間の肌も同じように、水分が不足するとくすんでしまいます。

 

血行不良による青くすみ

血行が悪くなると顔色の血色が悪くなります。肌にさしていた赤みがなくなり、肌がくすんでシミも目だつようになってしまいます。

 

汚れくすみ

毛穴に汚れや古い角質が詰まり、何層にも重なってしまうと角質層での光の反射が乱れ、肌がくすんで見えるようになります。

 

糖化による黄くすみ茶ぐすみ

体内の糖質がタンパク質と結びつきAGEsという物質を作り出してしまうことを糖化といいます。これは体のいたるところにダメージを与え、糖尿病や動脈硬化の原因となります。

 

肌のコラーゲンを硬化させ、AGEsそのものが帯びている黄褐色の色が反映されてしまい、肌が黄色っぽくなってしまいます。

 

濃い産毛くすみ

濃い産毛によって角質層での光の反射が妨げられ、くすんだ印象となります。

 

くすみにもシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)は有効!

 

くすみの種類と原因をお伝えしましたが、シミについて今まで学んできた人は多くの共通点を発見したと思います。

 

メラニンが原因のもの、乾燥や血行不良、などもシミに悩む人について回る問題ですよね。

 

これらが原因のくすみの場合、シミのケアに使うシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)で改善が見込めます。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)はメラニンの生成を抑えることでシミの予防・改善を目指す医薬部外品化粧品です。

 

保湿効果が非常に強く大変みずみずしいジェルですので、乾燥ケアには効果抜群!マッサージクリームとしても使える機能を持ち、プロ監修のマッサージを一緒に行うことで肌の新陳代謝を促し血行不良を改善します。

 

シミ・くすみにアプローチしながらハリがあるみずみずしい肌に生まれ変わることができます。

 

お得なお試しコースや30日間返金保証も行っているので、シミやくすみに悩む方はぜひ一度、お試しで使ってみて下さいね♪

 

 

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトはこちら

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

関連ページ

シミと肝斑(かんぱん)の違いは何?
シミと肝斑(かんぱん)は一緒じゃないの?何が違うの?もしかして治療方法も違うの?違いが気になりますよね。シミと肝斑(かんぱん)の違いを調べてみました。
正しいクレンジング方法でシミ予防?!
毎日するクレンジングですが、実は洗い方によってシミが出来やすくなったりすることもあるそうです。正しいクレンジング方法を知ってシミを予防したいですよね。調べてみました!
シミに一番効果があるのは何?
シミの対策もいろいろありますが結局どれが効果があるのかよくわからないですよね。そこで一番シミに効果がある方法を調べました!
シミに効くサプリは何?
シミに効果的なサプリひもいろいろありますが、本当に効き目があるのでしょうか?副作用はないのでしょうか?シミに効果的なサプリについて調べてみました。
肌のターンオーバーとシミの関係性は?
よくターンオーバーが活性化されると肌がきれいになると聞きますがシミも治るのでしょうか?ターンオーバーとシミの関係性を詳しく調べてみました。
鉄分がシミを治す?!
鉄分が足りないとシミが出来やすくなるという話があるそうですが、本当なのでしょうか?鉄分とシミにどんな関係があるのか調べてみました。
寝不足でシミが増加する?
寝不足はお肌の天敵と言いますが、シミまでもが増えたりするのでしょうか?寝不足でシミが本当に悪化するのか調べてみました。
ハイドロキノンでシミが消える?!
今話題のハイドロキノンは本当にシミに効くのでしょうか?ハイドロキノンがシミに効くのならぜひ手に入れたいですよね。でもどこで手に入るのでしょうか?調べてみました。
漢方薬でもシミが改善できる!?
漢方薬といえば、自然のものからできている体への害が少ないお薬というイメージが強いですね。そんな漢方でシミの改善が期待できます。シミに対してどのようにアプローチしてくれるのでしょうか。
自分のシミの種類、理解してますか?簡単セルフチェック!
シミといっても、1つではありません。いくつもの種類が存在し、シミの種類によって対処法や改善法が全く異なってきます。自分のシミはどのシミなのか、確かめてみましょう。
シミやシワに効果大!肌を美しくしてくれる食べ物とは
美しい肌を保つためには毎日の食事がとっても大切です。シミだけでなく、シワやくすみなど年齢を感じさせてしまう原因となる肌トラブルを改善できる食材を紹介します。
シミ用の市販薬、効き目はどうなの?
ドラッグストアで簡単に購入できるシミ用市販薬。手軽に買えるし、一度は試してみたいと思った方も多いはず。しかし、実際の効果はどうなのでしょうか?今回は6種類のシミの市販薬に絞って含まれる成分などを比較していきたいと思います。
シミを根本から改善したいなら飲み薬がおすすめ
レーザー治療などでシミを消したとしても、根本から改善させないと何度も出てきてしまう頑固なシミ。そんな方には内面からシミの治療が行える飲み薬がおすすめです。シミに効果のある飲み薬について紹介していきます。
野菜はシミ予防に効果的!しっかり摂って美肌を目指そう
肌にいい栄養素といえばビタミン。ビタミンは野菜や果物に多く含まれています。シミにも素晴らしい効果を発揮するビタミンですが、どんな野菜を摂れば効率よく摂取できるのでしょうか?
シミの予防と改善には保湿が大切って本当?
シミの原因といえばメラニンというのは分かりますが、実は保湿とシミには大きな関係があるのです。保湿法を間違えると、シミを大量に増やしてしまう原因にも・・・。