シミ 食べ物

シミやシワに効果大!肌を美しくしてくれる食べ物とは

 

野菜の画面

 

肌を作り出しているのは食事から摂りいれる栄養素です。

 

外側から肌のケアを行うのももちろん大切なのですが、食べ物によって内側から肌ケアを行うのはとても効果的。

 

シミはもちろん、シワやくすみなどにもアプローチしてくれる肌を美しく保ってくれる栄養素と、うまく取り入れられる方法を紹介します。

 

美しい肌を作り出してくれる食べ物

コラーゲン

コラーゲンといえば肌の張りや弾力の源。多く含まれている食べ物には鶏皮、手羽先、牛筋、すっぽん、フカヒレ、大豆製品などがあります。

 

ビタミンC

美肌を作るビタミンといえばビタミンCです。ビタミンCはメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの合成を助ける働きがあります。レモンやアセロラなどの果物や、赤ピーマンやパセリ、ブロッコリーなどの野菜に多く含まれています。

 

エラグ酸

ポリフェノールの一種でメラニンの生成を抑制する効果があります。また、強い抗酸化作用をもち、がんを抑制する効果も期待されています。イチゴ、ラズベリー、ブドウ、ザクロなど果物に多く含まれています。

 

ビタミンE

ビタミンEは若返りのビタミンと言われています。強い抗酸化作用をもち、シワやたるみなど肌の老化現象を抑えてくれます。また、メラニンの排出を助けたり新陳代謝を高めてくれる効果もあります。アボカド、納豆、ごま、ウナギ、かぼちゃなどに含まれています。

 

コエンザイムQ10

人間の体内でも生成されるものですが、20歳を過ぎるとどんどんと生成量が減少していくといわれています。抗酸化作用や新陳代謝を上げる効果があり、肌の老化を防ぎます。イワシやサバなどの青魚や豚肉、牛肉、大豆に含まれています。

 

ポリフェノール

ポリフェノールには抗酸化作用があり、食物繊維によって便通もよくなります。ココアに多く含まれています。

 

オメガ3脂肪酸

オメガ3は体内で生成ができない成分ですので、食べ物から摂取することが必要です。コラーゲンやエラスチンの生成を促進し、新しい肌へと生まれ変わらせたり皮膚の炎症にも効果を示します。サケ、イワシ、マグロ、ホウレン草、大豆などに含まれています。

 

上記の栄養素をたっぷり食べられるレシピ

 

肌に良い栄養素は分かりましたが、どのように調理して食べたらいいのか悩みますよね。そこで、栄養素別のおすすめレシピを紹介します。

 

コラーゲン

【手羽先の簡単煮込み】

  1. 煮込む前に手羽先(6本)に焦げ目をつけておきましょう。
  2.  

  3. 調味料(醤油大さじ3、みりん大さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ2)を加えて、弱火で30分ほど煮ます。

 

☆お好みでゆでた卵や大根を入れてもおいしい♪

 

ビタミンC

【パプリカのマリネサラダ】

  1. 黄パプリカ、赤パプリカ、ピーマン(各1/4個)、きゅうり(1本)は細切り、玉ねぎ(1/2個)は薄く切ってから水にさらしておきます。
  2.  

  3. 酢(大さじ3)、砂糖(大さじ3)、塩(少々)、オリーブオイル(大さじ1)をすべて容器に入れ、混ぜ合わせます。
  4.  

  5. 2で作った調味液に野菜をあえて30分〜1時間冷やせば完成です。

 

エラグ酸

【ラズベリーソース】

  1. 冷凍ラズベリー(200g)を鍋に入れ、上から砂糖(50g)をかけて置いておきます。
  2.  

  3. 砂糖がなじんで水分が出てきたら弱火にかけ、じっくりと煮込みます。身が柔らかくなったらつぶして下さい。
  4.  

  5. 実がつぶれたら火からおろして濾し器か目の細かいザルを使って濾し、種を取り除きます。
  6.  

  7. レモン汁(1/4個分)を入れて弱火にかけて煮詰めていきます。とろみがついたら完成です。

 

☆ヨーグルトやアイス、チョコレートケーキなどにもよく合います。ラズベリーをイチゴに変えてもおいしいですよ。

 

ビタミンE

【アーモンドミルク】

  1. ローアーモンド(1カップ)を多めの水(3カップ)に一晩(8時間以上)浸けておきます。
  2.  

  3. アーモンドをザルに上げたら水洗いしてパワーブレンダー(ミキサー)にアーモンドと水(4カップ)を入れ、アーモンドが滑らかになるまでかけます。
  4.  

  5. ボールにチーズクロスを置き、上に先ほどのアーモンドを入れてぎゅーっと絞れば完成!密閉容器に入れておけば4日ほど保存が可能です。

 

☆アーモンドは低温殺菌されていないものを使いましょう。絞って残った残りカスはシリアルと混ぜたり、クッキーやマフィンに入れたりして活用してくださいね♪

 

コエンザイムQ10

【かつおのゼリーたたき】

 

  1. 耐熱容器にポン酢じょうゆ(100ml)とゼラチン(小さじ1)を入れてふやかし、電子レンジで1分ほど加熱して溶かしてから混ぜます。
  2.  

  3. 1を冷蔵庫で30分ほど冷やして固まったらフォークで砕きます。
  4.  

  5. かつおのたたき(160g)を包丁で5mmほどの厚さに切ってさらに盛り、2と薬味(ねぎの小口切り、おろししょうが(適量)、みょうがの千切り(1個分))をかけて完成。

 

オメガ3脂肪酸

【えごま油ナムル】

  1. ホウレン草(100g)、もやし(100g)をゆでて水気をしぼります。食べやすい大きさに切りましょう。
  2. 合わせ調味料(薄口しょうゆ(小さじ1)、鶏ガラスープの素(小さじ1/2)、えごま油(大さじ2)、塩(少々))をつくり、材料を入れて混ぜましょう。合わせ調味料はホウレン草で1つ、もやしで1つ。各々で用意してくださいね。

 

シミに有効な美白化粧品の併用がおすすめ!

 

食べ物で美肌に有効な成分をたっぷり摂りいれたら、外側からもアプローチすることで効果は倍増します!

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)はメラニンの生成を抑え、肌にうるおいを与えてくれるだけでなく、マッサージによるリフトアップ効果も期待できる医薬部外品化粧品です。

 

食べ物での肌質改善に比べ、効果が出やすいのも嬉しいポイント。美肌レシピを取りいれつつ、シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)で更に美しい肌を目指しましょう♪

 

 

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトはこちら

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

関連ページ

シミと肝斑(かんぱん)の違いは何?
シミと肝斑(かんぱん)は一緒じゃないの?何が違うの?もしかして治療方法も違うの?違いが気になりますよね。シミと肝斑(かんぱん)の違いを調べてみました。
正しいクレンジング方法でシミ予防?!
毎日するクレンジングですが、実は洗い方によってシミが出来やすくなったりすることもあるそうです。正しいクレンジング方法を知ってシミを予防したいですよね。調べてみました!
シミに一番効果があるのは何?
シミの対策もいろいろありますが結局どれが効果があるのかよくわからないですよね。そこで一番シミに効果がある方法を調べました!
シミに効くサプリは何?
シミに効果的なサプリひもいろいろありますが、本当に効き目があるのでしょうか?副作用はないのでしょうか?シミに効果的なサプリについて調べてみました。
肌のターンオーバーとシミの関係性は?
よくターンオーバーが活性化されると肌がきれいになると聞きますがシミも治るのでしょうか?ターンオーバーとシミの関係性を詳しく調べてみました。
鉄分がシミを治す?!
鉄分が足りないとシミが出来やすくなるという話があるそうですが、本当なのでしょうか?鉄分とシミにどんな関係があるのか調べてみました。
寝不足でシミが増加する?
寝不足はお肌の天敵と言いますが、シミまでもが増えたりするのでしょうか?寝不足でシミが本当に悪化するのか調べてみました。
ハイドロキノンでシミが消える?!
今話題のハイドロキノンは本当にシミに効くのでしょうか?ハイドロキノンがシミに効くのならぜひ手に入れたいですよね。でもどこで手に入るのでしょうか?調べてみました。
漢方薬でもシミが改善できる!?
漢方薬といえば、自然のものからできている体への害が少ないお薬というイメージが強いですね。そんな漢方でシミの改善が期待できます。シミに対してどのようにアプローチしてくれるのでしょうか。
自分のシミの種類、理解してますか?簡単セルフチェック!
シミといっても、1つではありません。いくつもの種類が存在し、シミの種類によって対処法や改善法が全く異なってきます。自分のシミはどのシミなのか、確かめてみましょう。
シミ用の市販薬、効き目はどうなの?
ドラッグストアで簡単に購入できるシミ用市販薬。手軽に買えるし、一度は試してみたいと思った方も多いはず。しかし、実際の効果はどうなのでしょうか?今回は6種類のシミの市販薬に絞って含まれる成分などを比較していきたいと思います。
シミとくすみの原因と対処法は同じ!?
シミは形となって肌の表面に現れますが、くすみは顔色全体がよどんだ感じに見えます。シミもくすみも見た目年齢を老けさせる原因となる厄介者ですが、どちらも原因と対処法は一緒だったんです!
シミを根本から改善したいなら飲み薬がおすすめ
レーザー治療などでシミを消したとしても、根本から改善させないと何度も出てきてしまう頑固なシミ。そんな方には内面からシミの治療が行える飲み薬がおすすめです。シミに効果のある飲み薬について紹介していきます。
野菜はシミ予防に効果的!しっかり摂って美肌を目指そう
肌にいい栄養素といえばビタミン。ビタミンは野菜や果物に多く含まれています。シミにも素晴らしい効果を発揮するビタミンですが、どんな野菜を摂れば効率よく摂取できるのでしょうか?
シミの予防と改善には保湿が大切って本当?
シミの原因といえばメラニンというのは分かりますが、実は保湿とシミには大きな関係があるのです。保湿法を間違えると、シミを大量に増やしてしまう原因にも・・・。