シミ しみ 鉄分

鉄分がシミを治す?!

 

釘などの鉄の画像

 

鉄分が足りないと貧血を起こすとはよく聞きますが、シミも出来やすくなるという話もあるそうです。

 

あまり関係性がなさそうですが、本当にそうなのでしょうか?

 

鉄分をしっかりとればシミが改善されるのか調べてみました!

 

鉄分とシミは大きく関わっている?

 

実は鉄分はコラーゲンの生成に大きく関わっています。

 

鉄分が足りないと、いくらコラーゲンをとっても効果が期待できないそうです。

 

更に、酸素を送る働きもあるので、鉄分が不足すると酸素が少なくなりターンオーバーが乱れやすくなります。

 

ターンオーバーが乱れるとシミが出来やすくなるため、鉄分は大事な栄養素という事になります。

 

鉄分不足がシミを出来やすい肌を作ってしまうのがわかりましたが、鉄分をしっかりとるにはどうすれば良いでしょうか?

 

鉄分が豊富な食べ物とは?

 

鉄分が豊富な食品をピックアップしました。

 

  • 豚レバー
  • 鶏レバー
  • パセリ
  • 卵の黄身
  • あゆ
  • しじみ
  • 牛レバー

 

など、様々な食品があります。

 

レバーが苦手な方は、卵や魚介類でしっかりと鉄分を摂ることができますので、積極的に食べることをお勧めします。

 

また、鉄分のサプリもありますので、足りない分はサプリで補給しても良いかと思います。

 

ビタミンCのような成分は摂りすぎると自然と外に出すように出来ていますが、鉄分は摂りすぎるとどうなるのでしょうか?

 

いくらシミやシワに必要不可欠な栄養素と言っても、摂りすぎはだめですよね。

 

1日に必要な量や副作用を調べてみました。

 

実は摂りすぎに注意したい成分?!

 

1日tに必要な鉄分は最低でも5.5mgと言われていますが、月経期間だと鉄分の必要量が9.0mgが必要のようです。

 

摂りすぎというのは40mg以上になり、その場合は下痢や嘔吐の症状がでることもあるそうですが普通の食事で過剰摂取することもありませんし、サプリも記載されている量を守っていれば問題はないかと思います。

 

もし食事だけで鉄分を効率よく摂取したいのなら、酢やレモンと一緒に摂ると鉄分を吸収しやすくしてくれるので良いそうです。

 

積極的にとって内側からも肌を綺麗にしたいですよね。

 

もちろんシミやシワは内側から治すことも大事ですが、外側からもしっかりとケアをすることによってより早く改善されますので、シミやシワに効く化粧品をチェックしました!

 

大人気の化粧品で美肌に!

 

美肌には食事、運動、ストレス、化粧品が大事になります。

 

特に化粧品は肌に合わないものを選んだり、間違った使い方をすると効果がなかったり場合によっては悪化することもあるのでしっかりと自分に合ったものを選ぶ事をお勧めします。

 

  • ビーグレン
  • HAKU
  • シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)

 

ビーグレンは通販限定商品で、肌の弾力の源であるコラーゲンやエラスチンを助ける作用があります。さらにハイドロキノン配合でシミ効果的なので人気を集めています。価格は少し高めです。

 

HAKUはドラッグストアで大人気で、 美白成分配合でメラニン色素の過剰生成を抑制してくれます。効果もあり、ドラッグストアで買えるので気軽ですが化粧水が1つ5,000円ほどと高めです。

 

シミウスもビーグレンと同様通販限定ですが、オールインワンジェルタイプで価格も安いです。プラセンタ配合でメラニン色素を無色化してくれます。

 

もし、価格を気にしないのであればビーグレンやHAKUも良いですが継続するなら価格が安い方が良いですよね。

 

特にシミウスのようなオールインワンジェルタイプは、忙しい方にもお勧めなので産後や仕事などで時間がない方にも良さそうです。

 

鉄分とシミについてのまとめ

 

鉄分はシミと大きな関係があり、鉄分をしっかり摂るとシミやシワを改善することが出来ます。

 

鉄分だけでなく、運動や正しい生活習慣を心がけて、自分に合った化粧品でしっかりスキンケアをすれば早くシミやシワを治すことが出来ると思います。

 

価格が安く、ネットでも話題になっているシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)なら一度試してみて損はないかと思いますので、一度公式サイトをチェックしてみてください!

 

 

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトはこちら

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

関連ページ

シミと肝斑(かんぱん)の違いは何?
シミと肝斑(かんぱん)は一緒じゃないの?何が違うの?もしかして治療方法も違うの?違いが気になりますよね。シミと肝斑(かんぱん)の違いを調べてみました。
正しいクレンジング方法でシミ予防?!
毎日するクレンジングですが、実は洗い方によってシミが出来やすくなったりすることもあるそうです。正しいクレンジング方法を知ってシミを予防したいですよね。調べてみました!
シミに一番効果があるのは何?
シミの対策もいろいろありますが結局どれが効果があるのかよくわからないですよね。そこで一番シミに効果がある方法を調べました!
シミに効くサプリは何?
シミに効果的なサプリひもいろいろありますが、本当に効き目があるのでしょうか?副作用はないのでしょうか?シミに効果的なサプリについて調べてみました。
肌のターンオーバーとシミの関係性は?
よくターンオーバーが活性化されると肌がきれいになると聞きますがシミも治るのでしょうか?ターンオーバーとシミの関係性を詳しく調べてみました。
寝不足でシミが増加する?
寝不足はお肌の天敵と言いますが、シミまでもが増えたりするのでしょうか?寝不足でシミが本当に悪化するのか調べてみました。
ハイドロキノンでシミが消える?!
今話題のハイドロキノンは本当にシミに効くのでしょうか?ハイドロキノンがシミに効くのならぜひ手に入れたいですよね。でもどこで手に入るのでしょうか?調べてみました。
漢方薬でもシミが改善できる!?
漢方薬といえば、自然のものからできている体への害が少ないお薬というイメージが強いですね。そんな漢方でシミの改善が期待できます。シミに対してどのようにアプローチしてくれるのでしょうか。
自分のシミの種類、理解してますか?簡単セルフチェック!
シミといっても、1つではありません。いくつもの種類が存在し、シミの種類によって対処法や改善法が全く異なってきます。自分のシミはどのシミなのか、確かめてみましょう。
シミやシワに効果大!肌を美しくしてくれる食べ物とは
美しい肌を保つためには毎日の食事がとっても大切です。シミだけでなく、シワやくすみなど年齢を感じさせてしまう原因となる肌トラブルを改善できる食材を紹介します。
シミ用の市販薬、効き目はどうなの?
ドラッグストアで簡単に購入できるシミ用市販薬。手軽に買えるし、一度は試してみたいと思った方も多いはず。しかし、実際の効果はどうなのでしょうか?今回は6種類のシミの市販薬に絞って含まれる成分などを比較していきたいと思います。
シミとくすみの原因と対処法は同じ!?
シミは形となって肌の表面に現れますが、くすみは顔色全体がよどんだ感じに見えます。シミもくすみも見た目年齢を老けさせる原因となる厄介者ですが、どちらも原因と対処法は一緒だったんです!
シミを根本から改善したいなら飲み薬がおすすめ
レーザー治療などでシミを消したとしても、根本から改善させないと何度も出てきてしまう頑固なシミ。そんな方には内面からシミの治療が行える飲み薬がおすすめです。シミに効果のある飲み薬について紹介していきます。
野菜はシミ予防に効果的!しっかり摂って美肌を目指そう
肌にいい栄養素といえばビタミン。ビタミンは野菜や果物に多く含まれています。シミにも素晴らしい効果を発揮するビタミンですが、どんな野菜を摂れば効率よく摂取できるのでしょうか?
シミの予防と改善には保湿が大切って本当?
シミの原因といえばメラニンというのは分かりますが、実は保湿とシミには大きな関係があるのです。保湿法を間違えると、シミを大量に増やしてしまう原因にも・・・。